記憶に残る綺麗な人。1

記憶に残る綺麗な人。自分の中で色々な記憶があり、ちょこちょこ書けたら良いなと思います。

それは、私が幼い頃の記憶だ。

その頃私は田舎に住んでいた。
周りには田んぼ。

自然の中で育っていた時期。

私の住んでいるビルに、恐らく営業だったのだろう、ポーラか何かの販売員さんがたまに来ていた。

娯楽もない、スーパーも遠い、そんなところにはやはり必要なのかもしれない。
母が何か買い求めていたのかもしれない。

玄関先に見えるその人は、艶のある黒髪のボブで、マネキンみたいな整った容姿で、とても肌色が白く、スーツなのかな、制服なのかな、かっちりしたジャケットを着ていた。

幼い私の中で強烈に印象を残したのは、口紅の色。
こっくりとした深いオレンジの口紅。

田舎では見たことがないような、インパクトのあるシックな色が、その人のしっとり艶やかな印象にばっちりハマッていたのだろう。

いつ来ても同じ色の口紅であった。それが、良く似合って見えた。

母が赤い口紅を外出の際つけていたが、口紅といえば赤だと思っていた私には、とても新鮮だった。

いつもドキドキしながら、ちょっと離れた部屋からそーっと様子を見ていた。

その口紅の発色、オレンジの色が、私の中でその人のトレードマークとなり、大人になった今でも、洗練された女性だった、という印象を残している。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ