アラフォーになるとファッションに迷いが出る!?だけど諦めないで!諦めないよ。

同世代の服装が、着こなしが気になる、、。

十人十色、わかってる。

だけど、アラフォーになるとやっぱり迷うのかな、ファッションに。

私も35くらいの時、友達と話したっけ。

スポンサーリンク


雑誌もたくさん売っている。
各年代向けの。

だけど、一般人の感覚でいえば、35を越えると、かなり個人差が出てくるように感じる。
それは劣化という意味もまあありつつ、精神的な守りに入るみたいな感覚に個人差が出るように思う。

おばさんになったら、おばさんみたいにならないといけないということはないと思う。
社会通念上の何かを超えたおしゃれじゃなければ大概は大丈夫だと思う。

おばさんになったから、落ち着いた色とか、右ならえみたいな感覚は、本人が納得してそちら方面に行くならまだしも、心のどこかで、まだこういう服装したいけど、それじゃ世間様が、、みたいな後ろめたい気持ちで、自分を殺す感じで、好きでもない服に包まれていくのはさぞかし悲しいことと思う。

やっぱりこれ似合う、着たいという気持ちがたまたま落ち着いた服だった、というのじゃない場合、大概は嫉妬の感情が生まれる。それってあんまり美しくない。

だから、素敵なことを認めなかったり、頑なにこの年齢くらいなら、こういうの着ないと!みたいなことになるのではないか。(それはその人の個性を無視した場合ね。)

自分という個性に似合う服が年齢によって変わることはある(体型とかね、)けれど、自分という個性が持っている好みと、他人の好みを同じにしなくても良い。

私はおしゃれが好きで、若々しくいきいきしたおばあちゃんがいらっしゃるのは素敵なことだと思います。
街で色々な年配の方をさらっと観察します。

シックな色が似合うおばあちゃんもいれば、ビビッドな色が似合うおばあちゃんがいてもいいじゃない。
ハットにカッチリスーツや、デニムが似合うおばあちゃんがいてもいい。

好きなら、好きで選んで着ているなら、自分に誇りを持って良いと思う。

自分がそういう気持ちで服を選んで着ているうちは、他人のファッションが年相応でないとか、そんなのどうでも良いのです。明らかに不潔とかは論外だと思いますが。
似合っていればそれで良いと思う。

似合う、っていうのがまた難しいけど、自分がキレイに見えることを目指したいよね。
ミニスカートが好きで足がキレイなら出せば良いし、ちょっとなあ、ってなれば隠せばいいし。

鏡や写真を見たりってやっぱり大事で、肌や体型は変わるので、マンネリしないで、似合うを探していく努力をする事を続けていけば良い歳のとり方できるのではないかと。

人間見た目だけじゃないけど、見た目が良くて損することは少ないと思う。

私には私のできるできないがあるし、基準があるけど、他人のファッションに関してあんまりストライクゾーン狭い考え方もちょっと違うかな、と思ったりします。

迷って諦めるなんてもったいない!どんどんチャレンジチャレンジ!
おしゃれが好きなら、いつだっておしゃれしていいんだから!

私はどんどん劣化していく自分にショックを受けつつも、まだまだおしゃれが好きだ。
別に大したおしゃれではないが、ファッションもメイクもやっぱり好きなんだ。
それだけ。

何かあったわけではないけど、ふと、 いきなり語りたくなったのでした。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ