顔なじみの服屋ができちまった。古着屋だけど、、。コーデあり。

お金持ちの人は決して行かないよね。古着屋なんて。売りには行くかもしれないけど、おそらく買ったりはしないんじゃないかな?

ユニクロとかGUとか、その辺のプチプラブランドのものもおそらく買わないだろうなー。

私が自分から行く店って、、向こうから挨拶してきたり個人認定されるほどのことって実は今まで一度もなかった。

スポンサーリンク


なんか嫌だったのよ、気恥ずかしいのもあって。飲食店でもそう。あんまり毎日行くと顔見知りみたいになるのが煩わしかったり、自分からはフレンドリーに話しかけたりしない。

だって、いつもの店員さんってわかっていたとしても、向こうに私が認識されていなかったら、赤っ恥だよ。プロの販売員さんなら、一度接客すればおそらく頭にインプットされるんだろうけど、私あなたのこと知ってます、って言って、え?私覚えてなかった。なんてあれば、穴があったら、、、だよ。

一度あったんだよね、、子供関係のことで、私は覚えてて挨拶したら、、え?誰でしたっけ?みたいな。自分でもそんなに友達増やしたいわけでもないなのに、それでも無視は失礼と思って声かけたら、めっちゃ残念なことになり、、。

服屋でもなんでも、その店で毎月ものすごい買っているってわけでもないのに、私のこと知ってて当然!みたいなのは恥ずかしいから、いつもどこでも静かな客なのよ。

それはいつもの自分がフラッと立ち寄り、かなり気に入っていて、掘り出し物があるから、店内くまなく見ていく古着屋、。

ちょっと前、そこのおばちゃんにレジで褒められてお世辞だろうけど嬉しかったし、その日から私のことちゃんとわかってくれていたんだって思ったので、次また店にそのおばちゃんがいた時はコンニチハーとかちゃんと挨拶して、買っても買わなくてもまた来ますー、みたいな会話をするようになった。

そうしたら、おばちゃんもさりげなく私が重点的に見ているのをわかっているのか、今店にはインナーが少ないので、明日にはまたガッツリ入荷しますんで!とか教えてくれるようになって、本当に感じが良くて。

ああ、行きつけから顔なじみの店になると良いことがあるんだな!って。安価だから大した値段ではないけど、その店では結構買っていて、これからもお世話になりたい店なんで仲良くなってみて良かったな、って。

試着も気兼ねなくできるし、顔なじみになってからも、試着して買わないで帰ったこともあったが、嫌な顔もされないし。うん、行きつけの店で店員さんと顔なじみになるのはなかなか良いなと思った。

流石におばちゃんと言っても、自分もおばちゃんだし、その方のことはお姉さんと呼んでいる。

お姉さんは本当に性格が良さそうだ。よくあるプライドが高い女の中の女みたいな感じじゃないし、表情や言葉や声の隅々に人の良さが滲み出ている。たかが店員されど店員。店が魅力的でも、人がすっごいイヤな感じだったら、フラッと行こうと思わない。

お姉さんはとっても感じの良い人だから、その店が私にはより魅力的に見える。服を吟味しているときフリーにしておいてくれるし、私にとってはありがたい店だ。

このらくだ色のショートコートも、その古着屋で選んだもの。

2015-12-21_20.02.26

ベージュとマゼンタピンクの柄ストールは昔おばちゃん服を売っている店で買ったもの、グローバルワークのモスグリーンのニット、ボトムはGUのスリムテーパードパンツ、黒のスエードウイングチップシューズ、レースの花飾りのついた帽子。バッグは写っていないけど黒のアニエスのショルダーにした。

これからも古着屋含め、身の丈にあった服屋で買い物していくぞー。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ