失礼ながらこれはない!と思ったファッションのおばあちゃん。

素敵なおばあちゃんを探す時、たまに悪い方向にハッ!とする人がいます。。ハッ!と思ってごめんなさい、と思いつつ、、何故ハッ!としたのか考えてみます。

この夏、、私の前を、すーっと、

、、
ベビードール風のフリルキャミワンピースを着た「おばあちゃん」が通りすぎたんです!
色はピンク!

ハッ!!!!!

二度見してしまいました。。

スポンサーリンク


好きなのはわかる、好きなのは!
おしゃれなんだろうと思う、、、好きなおしゃれじゃないとあんな格好、、、20代でも微妙な服装だよ。

確かに暑かったよ。

暑かったけど、、あれはないなあ。

お化粧もバッチリで、、髪も白髪混じりのウェーブセミロングで、、バレッタもつけていた。お顔まわりは可愛らしく、首から上は良いと思うよ、けど、

正直、目のやり場に困りました。
IMG_20140829_220455

しわしわのたるみの皮膚にベビードール風味がミスマッチ!!
しかもかなりのミニ丈。

家の中なら別に良いよ、、?

いっぱい考えてみたけど、、、やっぱり自分では無理だわ。

けど、すごい勇気だなぁと思った、、。

歳を重ねているから、地味な色の服って考え方も悪くはないけど、私は割りと似合う色だったら、どんどん明るい色を着たおばあちゃんが増えて欲しいと思うタイプ。

あのおばあちゃんはピンクで明るい色だったけど、素敵でなくアウトだと思った原因は、
①肌の過剰な露出
②ブリブリっとしたフリルとデザイン

これだと思った。

歳を重ねて、たるみやしわ、筋が出ている肌には、いくら夏でも下着っぽいワンピース一枚っていうのはただでさえ違和感なのに、
ブリブリ路線全開なのが、痛かったんだ。

これはあくまでも一般人の感覚の話。
あのおばあちゃんはきっとアーティストか何かだ。

そう思えば痛くない。

これは不思議。
何かの表現者なら納得できちゃう。

草間彌生さんだって、道を歩いていて遭遇したら、アーティストだって知らなかったら、、、
そのドキッと度は想像を超えると思う。。
草間彌生さんは露出もそんなにないし、スタイリッシュだけどね、、

きっと何かのアーティストだったんだ。
いや、もしくは、その道の人だ。。

そう思えば納得できる。

私は今日、何年も着ていなかったけど捨てられなかった小さな星がシフォンにちりばめられた服を処分した。

頑張っているけど、ちょっとたるみが出てきている自分には、もう星は着られないなあと思って。
違和感出てきたと思う。

似合う人はいつまでも似合うとは思うけど、私の場合、若さだけで着られていた模様だったんだ、と思った。

どんなおばあちゃんになりたいのか、試行錯誤して、洗練されていきたいものだわ。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

2 Responses to “失礼ながらこれはない!と思ったファッションのおばあちゃん。”

  1. カナ より:

    洋服は個人の自由だと思います。
    そのおばあちゃんが何を着ようが制限される筋合いはないと思います。
    個人の意見として書かれたのかもしれませんが、あまりにフォローが文章に足りなくて、個人の自己表現を制限しているように読めたので、コメントさせていただきました。
    失礼致しました。

    • らぶりーふさふさ より:

      >カナさん
      そうですね、あまりにも私のフォローが足りていないですね。カナさんを不快にさせてしまいましたことお詫びいたします。が、あくまでも一個人の意見このおばあちゃんのように表現の自由として、私のこの時の気持ちを制限することも、どうかなあと思うので、この記事は削除しません。
      また、サイトトラブルによりコメントに気付かず返信が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。
      尚、このサイトでは持論を主体としておりますので、ご了承ください。
      この度は貴重なご意見をありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ