重心が上の余白面長顔を緩和するメイク位置。バランスをメイクで整えて美人顔に近づける!重心が上の余白面長緩和メイク。

顔のバランスを整えて美人顔に近づける!パーツ重心が上の余白面長顔の場合。

顔のパーツを意識してメイクすることで美人顔に近づけることができます。

顔の形も色々ありますが、今回は面長を取り上げます。

私は面長顔なのです。。自分の顔が一番わかりやすい。。

スポンサーリンク


そして面長の中でも、パーツが上の方にある、もしくは各パーツの距離の余白が長いタイプの、メイクする位置についてです。
DSC_0962

左は面長でも重心が上の方にあるタイプ、右は下の方に重心があるタイプ。

今回は左です。

まず基本の面長顔をこれとします。↓
DSC_0969

もしこの顔に上を意識したメイクをしてしまうと、、↓
DSC_0970
(あくまでもメイクする位置がポイントなので、塗る場所に赤で、まつ毛とアイラインは分かりにくいけど青にしています。)
どうでしょうか?より顔の重心が上になったように見えるかなと思います。

ちょっと修正していきます。
眉をちょっと下を意識して描く、シャドウを眉ラインの下にぼかしてみる。
下まぶたにもアイシャドウを入れ、下粘膜インラインを入れて、下まつ毛を下に下に。
とにかく下を意識します。↓
DSC_0972
少し整ってきましたね。
上に重心がある方は下まぶたメイクや下まつ毛がかなり重要だと思います。

さらに修正します。
チークがシャープで上にあると、顔が痩せて見えるので顔立ちによっては利点がありますが、今回はバランスを整えてみます。
DSC_0974
↑チークを下の方に入れます。実際はあまり激しい色使いでなく、自然にこの位置にぼかす感じで。下膨れにも良い気がします。
顎、輪郭にもブラシに残ったチーク、もしくはシェイディングをひとはけします。
これでだいぶ印象が変わり、重心が整いました。

アイシャドウをアイホールの上の方にあまり塗りすぎず、目尻にラインやマスカラのポイントを持ってくると、更に横が意識されて緩和されるような気がします。↓
DSC_0978
リップも下を意識したら良かったけど、そのままになっています。すみません。。
それでもかなり変わったと思います。

DSC_0970
DSC_0978

こんな感じで、別の顔でも。↓
DSC_0966
DSC_0968
簾まつ毛で更に下に下にしてみました。

下を意識してメイクしてバランスを整えていくと、美人顔のバランスに近づけると思います。

おまけに、面長なのか微妙だけど、上を意識したメイク、下を意識したメイクの絵を。↓
DSC_0964
DSC_0967
うん、アイシャドウとチークがとってもシュール。
メイク位置わかりやすくしようと赤ペンにしたけど、。今回どの絵もとってもシュールだわ。
じーっと見つめていると吹き出しそうだわ。

関連記事
●太眉と面長緩和髪型の成功例、大沢あかねさんが最近かわいい!!

●面長緩和の参考になる、LiLiCoさんの髪型。再び。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ