派手で奇抜な服装の人の心理。

誰から見ても派手で奇抜なファッションの人の心理です。

これは申し訳ないけど、病気が関係してくる場合もあるから、まあ、傾向だけ書いてみます。

身なりは人を表す、というけれど、まあ、それはあるかなと個人的には思います。

派手で奇抜なファッションの人は、そのままですね。

その人の自由さを表しています。

自己主張が強く、協調性はあまりないです。あったとしても、本心では自由でありたいと願っています。

人から指示されたり、言いなりになることは苦手で、ワンマン主義。

グループで協力し合うことは苦手で、自分の思うままにしたい人が多い。見栄っ張りなところも。

芸術的才能があり、豊かな発想力があり、人を惹き付ける。

無難より冒険が好き。

ストレスを服装で発散している場合もある。

そういえば、小さな子供って協調性もなく、自己主張の塊で、とにかく自由です。

好きに服装を選らばせると、とんでもなく派手な色の組み合わせだったりします。

子供のような心の持ち主で、年齢より若い気持ちを持っているということもある。大人な人には扱いにくく感じることも。

私は派手で奇抜なファッションをしている人を見ることが好きです。自分も地味な方ではないので、多分この傾向持ち合わせていると思う。

世界が皆無難なファッションなんてつまらないと思う。派手で奇抜を好む人は自分の感性を存分に発揮してほしい。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ