寄り目、離れ目を緩和するメイク位置。塗る場所を意識して美人顔に近づける。

寄り目、離れ目(目と目の距離)を緩和する、メイクをする位置を絵にしてみました。

まずは寄り目の方から。
DSC_0979
これがすっぴんだとします。

メイク場所に赤ペンで入れてみたのがこちら。
DSC_0981
あくまで位置なので、シュールなメイクイラストですが、お許しを。。

スポンサーリンク


だいぶ変わりましたね。

アイシャドウは外側を強調し、ぼかしいれ、マスカラや、アイラインも外側を強調します。

目頭にくの字に明るい色を入れる、ということも効果ありと言われますが、あんまり意識して色や輝きが強調されると逆に寄り目が強調されるので、やるなら自然に、が良いと思います。

気をつけたいのは眉です。

顔立ちにもよりますが、少し眉間を広くして、眉頭を離し気味に描いてみると寄り目が緩和されると思います。

目のメイクも併せて、真ん中をあけていくことを意識するとだいぶ中和されます。

私も顔バランス的には少し目の位置が寄っているのと面長なので、やわらかな隙みたいなものが欲しくて、眉間を広め、目尻メイクを意識しています。

次は離れ目の方。
DSC_0982
かなり離れてしまいました。。

DSC_0983
美人バランスに近づきました。

目頭を意識してメイクしましょう。
アイラインもきっちり目頭まで入れましょう。一ミリくらい目頭の方にわざとはみ出るアイラインを入れてもいいかもしれません。それは印象がかなり変わるかと思います。

アイシャドウは目頭から眉にかけては、あまり濃い色を使うと怖くなってしまうので、肌色よりほんの少し濃く、また、ラメなとがないマットなものが望ましいです。

アイホールにのせるアイシャドウとは別に、マットなノーズシャドウ用のものが良いかもしれません。
わざとらしくならないように自然にぼかしてください。

眉頭が離れているタイプなら、眉も不自然にならないように眉間が少し狭くなるなるように描いてみると緩和されると思います。

関連記事
●顔のバランスをメイクで整えて美人顔に近づける!重心が上の余白面長緩和メイク。
●眉のバランス。形、位置、眉頭、眉山、濃さ、太さで顔の印象が変わる!比較してみた。



スポンサーリンク
_


ブログを引っ越しました!
⇒さふさふーりぶら safusafu-lyvla.com

コメントを残す

サブコンテンツ